« アロマテラピーインストラクターの勉強 7 | トップページ | 目隠しカーテン♪ »

アロマテラピーインストラクターの勉強 8

P1010364

今日も雨・・・

←満開のインパチェンス

ちょっとした風でも花が落ちちゃってドキドキ・・・(*゚ロ゚)ハッ

もっと強い花かと思っていたら、結構繊細な花なのね~

☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*

精油学総論(精油6)

精油の品質

①品質の変化

・酸化

精油の成分である物質が酸素と結びついて変質

→香りも変わり、トラブルの原因になることも

・加水分解

エステル類は湿気などの水分に反応する

・重合

精油の分子が同じような分子と連続的に重なり合って大きな化合物を作る

→粘度が高まり、香りも劣化しやすくなる

②保管期間

・開封した精油・・・1年以内

・柑橘類(果皮抽出)精油・・・半年以内

*トリートメントオイルを作った場合は2週間以内で使い切る

③保管場所

・直射日光に当たらない冷暗所(10℃前後)

・湿気にも気をつける

*火、子供、ペットにも注意

④保管容器

プラスチック容器は精油によっては溶けてしまうので、原液の保存には使用しない

高温多湿、紫外線にも弱いので、遮光瓶で保存し、揮発性が高く、酸化しやすいので必ずしっかりフタを閉める

|

« アロマテラピーインストラクターの勉強 7 | トップページ | 目隠しカーテン♪ »

アロマ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/214748/7032513

この記事へのトラックバック一覧です: アロマテラピーインストラクターの勉強 8:

« アロマテラピーインストラクターの勉強 7 | トップページ | 目隠しカーテン♪ »